取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 そこだけはきちんと靴下と靴を履いた足を、肩幅に開く。
 ただそれだけのことだが、なぜか瞳はいやいやと首を振った。
 多佳子もうつむいてじっと動かない。

「ん? どうした?」

 瞳が恥ずかしそうに口を開く。
「あの……ショーツが……」
 多佳子も「恥ずかしいんです……足を開くの」

 ふふん、と男は鼻で笑う。
「ははぁ、なるほど。濡れてるんだな?」

 二人はいやいやと顔を振った。
 乙女たちが「感じて下着を濡らしちゃいました」などと言えるわけがない。

 男はつかつかと歩み寄ると、二人の間にしゃがみ込んだ。
 真っ白に弾ける太ももが、目の前に来る。

 下から見上げて言った。
「命令だ。足を開け」
「やだぁ」「そんなっ」

「拒否できると思ってるのか?」

 冷たく言い放つ男の言葉に、少女たちは半べそで顔を見合わせた。
 やるしかないのだ。
 二人はおずおずと、カタツムリの歩みのようにじりじりとつま先を左右に開いていった。

 肩幅まで足を開いた二人の股間を、しゃがんだまま男は意地悪く見上げた。
「おい多佳子。シミができてるじゃねえか」
「ああ、いや。恥ずかしい……」
「瞳もほら、こんなになって。感じてたんだろう?」
「やだぁ、見ないで……」

 たしかに乙女たちのショーツは、クロッチの部分が尿を漏らしたようになっていた。
 しっとりと濡れた布地が、その奥の柔らかそうな秘肉を予感させて佇んでいる。

 男はそこに指を持っていった。
 二人の少女のいちばん恥ずかしい部分に、二本の人差し指を下から当てる。
 しっとりと湿った布地の向こうに、蕩けそうな肉の感触があった。
87
最初 前へ 84858687888990 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ