取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
「へへ、しょうがねえなぁ」
 男は指に力を込めた。

 小動物の悲鳴のように多佳子が啼く。
 一八歳の乙女の乳首は、捻れば取れてしまいそうなほど小粒だ。
 ぷりぷりとした柔らかさの芯に、こりこりとした弾力がある。

 同様にもう片方の掌でもの乳首も摘む。既に官能に火がついている瞳は、甘い刺激に「ああん」と艶っぽい声を上げ、自ら揺さぶる胸の動きを大きくした。


 少女たちにさんざん自分で動かせておいてから、男は衿から手を抜いた。
「よし、気をつけをしろ」

 二人とも従った。
 下着を外した半袖トレーナーの胸が、誘うようにこんもりと盛り上がっている。

「トレーナーの裾を摘んで、下に引っ張れ。服をぴったり胸に貼りつけるんだ」
「いやっ、恥ずかしい……」「ぽ、ぽっちが分かっちゃいます」

 乙女たちにとってはたしかに、自分の体の変化をそうやって晒されるのは、ある意味裸を見られるよりも恥ずかしいだろう。
 しかし結局従わざるを得なかった。

 ピン、と張った布が、二人の胸のところで隆起している。
 そのてっぺんに、それぞれ小さな突起が盛り上がっていた。
 愛らしい少女たちが好き放題に嬲られて、いやらしく乳首を勃起させている。

 その体勢をとらせたまま、男は少女たちのそこに手を伸ばした。
 服の上から同時に胸を揉み上げ、掴みだすような乳房の先を、カリカリと爪でひっかく。

「いやぁ、やっ……」「あん、あん、ああぁ……」

 恥ずかしい勃起をさらに嬲られ、一八歳の乙女たちは呻いた。
 潜める眉は、嫌がっているばかりでもなさそうだ。

「へへ。嬉しいだろう、こうやって感じさせられてよ」

 いやいや、と二人は首を振る。
 男はもっと楽しい催し物を思いついたように、手を離して一歩下がった。

「下のほうも感じてるんじゃねえのか?」

 少女たちは顔を見合わせた。
 これ以上、何をするつもりだろう?
85
最初 前へ 82838485868788 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ