取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 男はさらに顔を近づけて、斜めに体を倒した彼女たちの衿元を、同時にぐっと引っ張った。
 広がった襟元から、乙女たちの秘められた奥を覗き込む。
 ブラジャーを外した乳房の上のほうまでが、トレーナーの奥に息づいていた。
 肉感たっぷりに盛り上がっている乳房と、その奥で怯えたように縮こまっているそれぞれの臍。
 背中がぞくぞくするような光景だ。

 少女は二人とも、乳房の谷間にうっすらと汗をかいていた。
 それを舐め取りたくなるほど、どちらの少女も肌がつややかだ。
 十代の少女の匂いが微かに漂ってくるが、その体臭は決して不快ではない。
 自分の意のままに乙女たちにこんな格好をさせていることに、彼は黒い悦びを感じた。

 そのまま男は、少女たちの胸元に腕を突っ込んだ。

「ああん!」「きゃあ!」

 トレーナーの中で肌を直接触られて、多佳子と瞳は悲鳴を上げる。
 上から下がっている乙女たちの乳房をたぷたぷと揉み上げながら、男は四つの柔らかな肉の感触を楽しんだ。
 二人の微妙な胸の大きさを確かめ、十本の指をフルに使って四つの乳首を転がし、摘み、軽く爪を立てる。
 前かがみの体勢の少女たちはそのたび啼いた。

 しばらくいたぶった後、男はさらに命じた。
「上半身を揺すって、俺の掌に乳をこすり付けろ」
 つまり少女たちに、自ら動いて感触を楽しませろと言っているのだ。

 多佳子と瞳は顔を見合わせ、視線だけで切なげに頷くと、衿ぐりから服の中に男の手を侵入させたまま、不器用に腰から上を動かし始めた。

 二人とも、乳房の下に男の掌がある。
 それにこすり付けるように胸を揺すった。
 柔らかさを堪能してもらうように。十八歳の肌を楽しんでもらうように。先端の乳首が男の手の皺や指の節に押し付けられ、動くたびに軽い疼きが込み上げてくる。

「んっ、んふ……」

 先に声を漏らしたのは瞳のほうだ。
 屈辱的な行為をさせられているにも関わらず、敏感な突起がぐりぐりと男の手で転がるたび、体の芯で官能が疼く。
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ