取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 男は並んで立つ二人の周りをゆっくりと一周した。少し高い視点から彼女たちの鼻の頭、トレーナーの胸の膨らみ、えりあし、背中、紺ジャージに包まれた尻などを見下ろして、再び前に回る。

「ふん」
 鼻を鳴らし、彼女たちの首もとに指を掛けた。
 半袖トレーナーの衿を、ぐい、と手前にひっぱる。

「あん」「きゃっ」

 胸元を広げられ、多佳子と瞳は小さい悲鳴を上げた。
 もちろん彼ら以外に聞くものはいない。

 男は歪に引っ張ったトレーナーの衿から、交互に少女たちの胸を覗き込んだ。

 女性らしい胸の膨らみ。
 二人とも十分に発達していたが、やはり十代の幼さが見てとれた。
 乳房の盛り上がりを清楚なブラジャーが覆っている。
 代わる代わる恥ずかしい胸元を覗き込まれ、少女たちは為す術もなく身をすくめていた。

「これから本格的に動くからな。邪魔なものは取ろうぜ」男が告げる。
「え……どうするんですか……?」怯えた目で瞳が訊いた。
「まずはブラジャーを外せ」

 少女たちは顔を見合わせた。
 さっきからこの男に好き放題されているとはいえ、自分から裸を晒すのはさすがに抵抗がある。
 しかしなぜ先に下着を取らせるのだろう?

「ほら、早くしろ。女は服を着たままブラを取れるんだろうが。あれ、やってみろよ」

 たしかに高校時代、人目のありそうなところで体操服に着替えるときなどは、よくやっていた。
 二人は仕方なく背中に手を回すと、トレーナーの中に手を入れ、ブラジャーのホックを外した。
 多佳子は白。瞳はベージュ。
 外したそれをしばらくもじもじと持っていたが、やがて二人とも近くの鉄棒に引っかけた。

「よし、そのまま膝に手を突け」
 つまり前かがみの状態だ。十八歳の乙女たちは従った。
82
最初 前へ 79808182838485 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ