取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 多佳子は目を閉じ、顎を上げた。
 できるだけかわいらしく見えるようにと願いながら、十八歳の唇を男に向けた。
 それは誘うように艶めくピンク色だった。

「歯の間から舌を覗かせろ」

 おずおずと、少女が従う。
 歯の間からわずかに舌を出して男の唇を待つ格好は、主人の寵愛を待ち焦がれる愛玩犬そのものだった。
 かすかにちろちろと舌が震える。

 その姿だけで、彼はズボンの中が固くしこってくるのを感じた。
 この表情の写真を撮りたいものだ。
 それだけで近所にばらまかれたら困る材料になるだろう。

 男は物欲しげな少女の唇に顔を寄せた。
 半開きのそれを、大きく舌を出して、上からべろりと舐めた。

 少女のピンクの唇は、グミキャンディのようにぷるぷると柔らかかった。

 多佳子は眉を寄せ、唇を舐められるのに必死で耐えている。
 その表情が男をぞくぞくさせた。

 調子づいた彼は、口の周り、鼻の下、顎と、次々と舐めていった。
 乙女の無垢な顔の上を、男の汚れた灰白色の舌が這い回る。
 こんな可憐な少女でも、かすかにしょっぱいのだな……。
 嫌がる表情を楽しみながら、男は支配者の楽しみを満喫していた。

「どうだ、祝福のキスは?」
「あ、ありがとうございました。とてもおいしかったです」
 顔の下半分を唾液で光らせた多佳子が、嬉しさを装って答える。

 男は満足そうに頷いた。
「咽喉が渇いたろう。水を飲みたくないか?」
「は、はい、飲みたいです」

 多佳子は本気で目を輝かせた。
 百メートル全力疾走を強いられ、咽喉はカラカラになっている。

 男は多佳子の背後で、為す術もなく立ち尽くしているもう一人の少女に声を掛けた。
「おい瞳、おまえは負けたよな」

「はい……」
 怯える少女が、半袖トレーナーから伸びる二の腕を自分で抱く。
78
最初 前へ 75767778798081 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ