取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
「見てっ」
 誰に強要されることもなく、春菜が叫んだ。
「春菜のオ×××、もっと見て!  牛にいっぱい舐められて、恥ずかしい格好させられて、もうぐちゃぐちゃに感じてるの。春菜の全部がオ×××になったみたいに興奮してるの。晒け出したいのぉ!」

 腰を引いた分だけ胸が遠ざかり、顔の位置が下がる。
 牛たちは不満そうにモーと泣き、目の前に来た若い人間の雌の顔をべろべろと舐め始めた。

 牛に唇や鼻を舐められて顔をしかめながらも、絵里と春菜は淫らに腰を振り続けた。
 男から卵と塩も忘れるなと言われ、二人は自らの手で乳輪を汚し、乳首をつまんで喘ぎ声を漏らしながら、乳房を抱えるようにして牛に与える。
 その姿は、愛しい愛児に乳を飲ませる慈母のように嬉しさに満ちていた。

 胸で感じ、股間を晒け出して、十九歳の乙女二人は押さえきれないほど昂ぶっていった。

 絵里は突きだした腰を大きく円を描くようにグラインドさせながら、それに合わせて「あっ、あっ、あっ!」と歓声を上げ続ける。
 一方春菜は塩のヒリヒリした感触がすっかり気に入ったらしく、なんども白い顆粒をすくって塗り付けては差し出し、若牛がそれを舐め取るたび「あっ、そう、それ。それがいいの。良い子ね、もっとしゃぶって。いっぱいぐちょぐちょにして……」とうわ言のように呟く。

 獣にいたぶられ、腰を振る少女たちが首を捻って男を見た。
 菊穴を見せつけるように尻をぐるぐると回しながら訴える。
「もう駄目、ください!」
「やだぁ、先に私にちょうだい!」

 男は競って哀願する少女たちに意地悪く聞いた。
「なにが欲しいんだって?」

 絵里が瞳を潤ませながら叫ぶ。
「あなたの、オ、オ、オチ×××です。固くて太いオチ×××が欲しいんです!」

 春菜も涎を垂らしながら啼く。
「私のオ×××が、もう我慢できないのぉ。ぐちゅぐちゅでびちゃびちゃで、掻き回してくれないと狂っちゃうのぉ!」

 満足そうに唇の端を歪めると、やっと男はアクションを起こした。
 ズボンと下着をずり下げ、卑猥に腰を振って誘う少女二人に近づく。
73
最初 前へ 70717273747576 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ