取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
「やだ、それだけはできません。許してください」
 絵里が泣きそうに懇願する。

「何言ってんだ。さっきから舐められながら、もどかしそうに腰をむずむずしてたじゃねぇか。後ろからちゃんと見といてやるから、いやらしく腰振りダンスをするんだよ」

 ああ、本当にもうお嫁にいけない……絵里はがっくりとうなだれた。

 横を見ると、春菜が観念したように目を閉じ、手を後ろに回したまま、うっとりと顔を上げている。
 剥きだしになったその咽喉を、牛の灰色の舌がべろりと舐め、可憐な友人は、ああ、と声を漏らした。

 その体がゆっくりと動き出したのを見て、絵里もついに屈服した。

 きっとこうなる運命だったのだ。まだ素敵な彼氏とちゃんとしたセックスを楽しんでもいないのに、汚い獣の舌に悦びの声を上げ、同時にお尻の穴を見せながら男に媚を売っている……。

 卵のカスが残った絵里の乳房を、名残惜しそうに牛が再び舐めた。
 ズキン、と子宮が疼き、それがきっかけとなって彼女も目を閉じ、腰を左右に振り始めた。

 後ろから見ると、少女たちの姿は異様なほど卑猥極まりなかった。
 二人とも歪に尻の谷間を広げ、小さな菊座を見せつけたまま、それを扇情的に前後左右に揺らす。
 そのたびに股間の黒々としたものの向こうに覗く若毛がふわふわと揺れた。

 たしかに、どんな踊り子でもここまではやらないだろう。
 しかもじっとりと汗ばんでいる背中の向こう側では、二人の艶やかに膨らんだ胸を二頭の牛が舐め続けているのだ。
 恥辱と快感の連続で、絵里も春菜も気が変になりそうだった。

「ほら、もっと広げろ! 腰を突きだして、オ×××も見えるようにするんだよ!」

 もはや理性が吹き飛んでいる二人は、素直に尻をぐい、と突きだした。

 いままで見えにくかった股間があからさまになる。
 少女たちの細い指が、それぞれの秘部をぱっくりと左右に開いた。
 いずれもピンクと赤の中間のような美しい肉色が現われる。

 春菜のそこは、もう恥ずかしいほどぐちょぐちょに濡れていて、はしたない愛液をコポコポと絶え間なく滲みださせていた。
 絵里のも既にびっしょりと湿り、透明な筋をツーッと一本地面に垂らしていた。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ