取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 白桃のような二つの丘がつるりと顔を出したところで男の声が掛かった。

「ストップ! そこまでにしとけ。全部脱ぐとつまんねえからな」

 たしかに、全裸よりも恥ずかしいかもしれない。
 丸めた紺のジャージを尻と太ももの境にまとわりつかせ、微かに秘部を覗かせた姿は、後ろから見るとさぞいやらしく見えるだろう。
 それを隣りの友人は、さも男の目を楽しませるように、つるりと剥いてみせたのだ。

「おい絵里、おまえもやるんだよ」

 言われて、覚悟を決めた。
 こうなった以上、春菜に歩調を合わせるしかない。

 少女は顔から火を吹きそうな思いで腰の服に手を掛け、親指をジャージとショーツに引っかけて、おずおずとそれらを下へ下げていった。
 腰骨の当たり、豊かな双丘を予感させる割れ目の始まり、ぷっくらと盛り上がった桃のような丸み、そしてかすかに黒々としたものが覗く股間。
 十九歳の乙女は、その隠されていた美丘をついに晒してしまった。
男の視線が痛いほど刺さるのが分かる。

「よし、二人ともいい格好になったな。今度は割れ目を自分で開いて、ケツの穴を見せてみろ」
「いやっ!」「ああ……」

 さすがに二人はためらった。
 その無防備な胸を、それぞれの牛はなおも舐めていく。

 前からの愛撫を受けながら、仕方なく少女たちは手を自らの尻肉に回し、なめらかな二つの丘に手を添えると、谷間を左右にぱっくりと開いていった。
 蕾のような菊座が揃って現われる。

 可憐で、しかも淫靡な光景だった。
 まだ二十歳にもならない娘たちの菊門は、ほんのりと赤みを帯び、皺さえも恥ずかしそうだった。
 ときおりひくひくとうごめく様が、妙に男の欲望をそそる。
 指を突っ込み、そのきつさを楽しみたくなるような対象だ。

 男はさらに命じた。
「よぉし、そのまま腰を振れ」
71
最初 前へ 68697071727374 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ