取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 ざらつく白い粒が、再びひりひりと肌を刺激した。
 自分の掌が豊かな乳房の隆起を変形させるのを、彼女は他人事のように虚ろな目で見下ろした。

 ああ、私はいま自分で大事なおっぱいをいじめている。
 そして次にはまた獣の舌に身を委ねて、快感に震えるんだわ。
 もう女の子でも、ううん、たしなみのある人間でもない、ただの変態になってしまったのかしら……。

 しょり、しょり、と手の中で塩が鳴るたび、お椀型の乳房の表面がジンジンと焼けつく。
 春菜には、もはやその甘い痛みが快感になっていた。

 なすりつけ終わると、彼女は塩にまみれた手を目の前の若牛にそっと差し出した。
 牛は喜んで舌を伸ばす。

 べろべろと掌を舐め取られる心地よさに、少女は思わず口元を緩めた。
 ああ、掌を舐められるのがこんなに気持ち良いなんて。

 腿の内側がびりびりする。子宮に直接響いてくる……。

 春菜は意を決したように手を後ろに回し、一歩進み出た。
 赤ん坊に乳を与える母のような顔で、若牛の口元にぷっくりと盛り上がった乳房を近づけた。

 既にピンク色の乳首は痛々しいほど固く尖っている。
 白い肌に、より真っ白の塩がまぶされている光景が扇情的だった。

 モー、とひと声鳴き、牛は再び灰白色の舌を伸ばした。
 乳房の上や横、乳輪の周り、ツンと立った乳首などを積極的に舐め回していく。
 獣が立てるびちゃびちゃ、ぐちゅぐちゅという音が牛舎に響いた。

 しかしそれより大きかったのは。十九歳の少女の放つ、あられもない歓喜の声だ。

「ああん! それ、いいの。気持ちいい! もっと、もっと舐めて。塩でひりひりしてる春菜のおっぱい、もっとべちょべちょ舐めて慰めてぇ……」

 まるで人間の男に懇願するように、恍惚とした顔を左右に振り続ける。
 そこには乙女としての恥じらいは少しもなく、ただひたすら快感に身を委ねる雌の姿があった。
69
最初 前へ 66676869707172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ