取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 春菜はいつのまにか、「あっ、ああっ」と声を上げ続けていた。
 快楽を与えてくれるこの若牛に愛おしささえ感じ、一瞬、その大きな顔を抱きしめたい衝動に駆られる。

 牛は腹が空いていたのか、目の前のぷっくりとした乳房以外にも、少女の首や顎の下当たりまでべろべろと長い舌を伸ばす。
 顔を舐められそうになり、春菜は「ああっ」と横を向いた。
 その顔は恍惚の表情を受かべていた。

「へへ、どうだよ。家畜に犯される気分は?」
「ああ……いい……いいの、これ……気持ちいいの……」

 うわ言のように呟く春菜の唇の端から、悦楽の刻印である透明な涎がすーっと一筋落ちていった。
 それをまた若牛が舐め取っていく。

 男は押さえていた手首を放すと、再び塩を取りに行った。
 戻って来た彼の手には、小さな容器が握られている。
 中には掌ですくえば二、三杯分の塩が小盛りにしてあった。
 それを春菜の足元に置く。

「ここに置いとくからよ、次は自分でやれ」
「そんな……できません……」

 上半身を牛の涎でべとべとにした少女はかぶりを振った。
 いくら快感を認めたとはいえ、自らそんなはしたない行為をすることには抵抗がある。
 乙女としての最後のプライドかもしれない。

 だが男の強引さがそれを容赦なく打ち砕いた。
「気取ってんじゃねえよ!」

 右手に塩をつかみ取った彼が、左手でむんずと少女の細い手首をつかみ、小さな掌を開かせるとそこに純白の粒の山を乗せる。
 そのままそれを彼女の塗れた胸に押し当てた。

「やっ、やだ……」

 嫌がるのも構わず、掌の塩を自分の乳房に塗り付けさせる。
 はじめ、小さな手の甲に重なって動きを導いていた男の手は、やがて少女が自ら胸を揉み始めると離れていった。

「そう、もっといやらしく揉め。指の間から乳首をのぞかせるんだよ。そうそう、塗れてるから塩がくっつきやすいだろ。今度は両手でやってみろ……」

 横から覗き込む男の指示に、春菜は両方の掌で突き出た胸を押さえ、唇をだらしなく半開きにしたままそれを動かし始める。
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ