取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 彼はそれをひと掴み取り、春菜の方へと戻ってきた。
 少女は男が手にしたものを見て、胸を抱くようにいやいやと首を振る。

 男は構わず非情に命じた。
「おまえも気をつけの姿勢だ」
「いやです、怖い……」
「怖くなんかねえよ。ほら、とっととやるんだ!」

 春菜はしぶしぶ腕をほどき、下へ降ろした。
 十九歳の可憐な乳房は豊かに膨らんでいて、先端が誇らしく上を向いている。

 そこに男は手にした塩をたっぷりと塗り付けた。
 春菜は上半身を硬直させたまま、「やだあぁ」と顔を背ける。

 雪のように白い肌を、湿り気を帯びた塩が汚していく。
 ぽろぽろとこぼれ落ちそうになるのを、男は少女をのけ反らせることで防いだ。

 それは異様な光景だった。

 まだ高校生のような面影を残す少女が胸をやや反らせ、異物で汚れた自分の胸を懸命に顎を引いて見ている。
 その瞳は小動物のように怯えていた。
 肩先が微かに震えている。

「いつも家畜が舐めている塩を塗られた感想はどうだ」

 意地悪く訊かれ、可憐な乙女はか細い声をあげた。
「やだ、汚い……ひりひりする……なんだかすごくひりひりしてきました……やだ、痛くなってきた……痛い……」
「そうかそうか、じゃあ早く舐め取ってもらおうな」

 男はそう言うと彼女の背中を押し、別の牛の前に歩かせた。
 元気の良い若い個体らしく、牛はぴくんと反応して顔を上げる。
 フゴフゴと鼻を鳴らしながら、人間の肌に付着した塩を我が物にしようとしていた。

 柵の前に立たされた春菜は、後ろからがっちりと男に手首を握られた。
 同時に若牛がべろりと舌を伸ばす。
 次の瞬間、十九歳の乙女の胸は獣の舌に穢されていた。

「ああん!」

 こんな、牛なんかに! 
 そう思いつつも、少女の体は心とは裏腹の反応を示し始めていた。

 手を伸ばせない痒みとひりひりした刺激が、粘膜で舐め取られる! 

 それはいままでに経験したことのない快感だった。
 相手が汚い家畜であってなお、少女の肌はさらなる舌の動きを求め、やがてそれは官能に変わっていった。

 ああ、私、獣に嬲られて感じてる。
 女の子として、ううん、人として恥ずかしいことなのに、この気持ち良さはなに?
67
最初 前へ 64656667686970 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ