取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
「ああっ……冷たい……」
「へへへ。こんなに乳首をびんびんに立たせてるじゃねえか。そら、言ってみろよ。自分は感じてますって」

 絵里は目を閉じ、突き上げてくる官能に身を任せた。
 たしかに獣の舌の感触は、これまでに体験したことがないほど強烈だ。

 彼女はついに屈服の言葉を漏らした。
「ああ……私は牛の汚い舌におっぱいを舐められました……でもそれがすごく気持ち良くて、感じてしまいました……」
「過去形じゃないだろ。いまからまた舐められるんだよ」

 男はぐちゃぐちゃに卵を塗り込めた乳房をぎゅっと鷲掴みにした。
 指の間から薄い黄色の半濁液が、細かい泡とともにあふれ出る。

 彼は手を離すと再び絵里の背を押した。
 もう一度餌にありつこうと、牛が長い舌を伸ばす。
 少女の可憐な乳房は、再びうごめく肉塊に蹂躙され始めた。

 乙女の臍の当たりで汚れた掌を拭いている男が、鋭く命じた。
「いまの状態を報告してみろ」

「は、はい。う、牛のザラザラした舌が、私のおっぱいに塗り付けられている卵を舐め取っています。ああっ! いま乳輪をぐりぐりされています。どうしよう、頭がぼおっとしてきました。気持ちいいの。すごく気持ちいいの」
「へへへ。すげえな。おまえも変態だなぁ」

 男から屈辱の言葉を投げ掛けられても、少女は否定しなかった。
 それどころか、自分の奥に潜んでいる本性を剥きだしにされたようで、それが妙に心地よかった。
 私は解放されたのかもしれない。

 牛の舌がべろりと敏感な乳首を舐め上げた。
 突き上げるような衝動に、絵里がおもわず叫ぶ。
「ああっ! そこ、いい! わ、私は牛に自分におっぱいを舐めさせて悦んでいる、変態の女の子です。これ、気持ちいいっ!」
 一九歳の少女は、その可憐さとは裏腹に、もどかしげに腰を揺らす。

 男は満足した様子で、絵里のジャージのポケットに残りの卵を滑らせた。
「後は自分で追加しろよ」と言い放つと、すっと後ろに下がる。
 そして、ことの成り行きを怯えて見ていた春菜に顔を向けた。
65
最初 前へ 62636465666768 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ