取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 フゴフゴと鼻を鳴らしながら夢中で舌を動かすたび、突き出たピンクの乳首が痛いほど蹂躙される。

 その感触が次第に絵里を酔わせていった。
 いいのかもしれない。牛の舌だろうがなんだろうが、気持ちいいことに変わりはないんだから。

「うっ、うう……ううん……」
 絵里は内側から突き上げられてくるものに負けて、かすかに声を漏らし始めた。

 その反応に気付いた男が、背後から顔を寄せ、少女の可憐な耳に囁く。
「おいおい、感じてきたのか? 牛に舐められてよお」

「うう……ああ……」
 恍惚の表情で少女の唇が半開きになる。

 男は素早く頬を付けると、横から牛のように舌を伸ばし、そのイチゴのような唇をべろりと舐めた。
 十九歳の乙女の唇が男の唾液で汚される。
 尚も執拗にねじ込まれてくる舌に、少女は自分の舌を絡ませた。

 それは異様な光景だった。
 この間までお洒落を楽しんでいた可憐な少女が裸に剥かれ、その上半身で三枚の舌が淫らにうごめいている。
 たまらなくなったのか、少女の腰が何かを欲しているように動き始めた。

 男は唇を放すと、巨大な舌がなおも這い回る乳房を見下ろし、意地悪く少女に告げた。
「気持ちいいんだろ? 言ってみろよ、私は牛の汚い舌に舐められて感じてますって」
「うう……いやぁ、そんな……私、女の子じゃなくなっちゃう……」
「気取ってねえで言うんだよ」

 そう言うと男は、少女の手首を押さえていた両手を片手だけにすると、開いた右手でポケットからもうひとつ卵を取りだした。
 掌に包んだそれを、手近な木の柵に軽く叩き付ける。

「胸を反らせろ」
「いやぁ……」

 いやがる少女の手首を引き、男は強引にのけ反らせた。
 上を向いた乳房の丘が、やや平坦になる。
 その上から彼は、片手で器用に割った卵の中身を落とした。

 ベチャン、と小さな音。男は素早く殻を捨て、同じその手を胸に伸ばしてそれをぐちゃりと潰した。
 ゆっくりと愛しむように、どろどろの卵黄と卵白を柔らかな乳房に塗り込める。
 少女の胸が再び半透明と黄色のパレットになった。
64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ