取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 そうされているうちに絵里の体の奥で小さな変化があった。
 ぬらぬらとした半液状の生卵が、這い回る武骨な掌の刺激を緩和して、絶妙な滑らかさで乳房を愛撫してくれる。
 ごわついた指がぷっくりとした乳首を挟み込み、乳輪の小さな突起の上を行き来しても痛くない。
 それどころか、もっとローションのようなそれを塗り込めて欲しいと、体がむずむずするのだ。

 微かに震え始めた絵里の微妙な変化を読み取ったのか、男はわざと下品に指摘した。
「おい、感じてきたんだろう」
「いやっ、そんなことありません……」
「嘘つけ。乳首がこんなに立ってきたじゃねえか」

 たしかに、目を閉じて顔を背けていても、少女の乳首ははしたないほど勃起していた。
 男の指の隙間から顔を出すそれは、半透明と黄色の海に誇らしく咲いたピンクの花のようだった。

 感じまいと必死でこらえる十九歳の乙女は、しかし自分の意志に反して次第に唇を半開きにし、そこから舌の先端を覗かせた。

 ひとしきり卵を塗り込めると、男は少女の腹で両の掌を拭ってきれいにした。
 そして胸をどろどろにした絵里の背後へ回り、細い手首をがっしりと組みあわるように押さえつけ、動かないようにした。
 そのまま体を押し、前へ歩かせる。

「いやだ、え? 何をするんですか……?」

 不安がる絵里は、二歩進んで牛の前に立たされた。
 震災からこっち、人間に見放されていた牛は、興味深そうに顔を近づけてくる。

 背後で手首を拘束したまま、男が彼女に命じた。
「おっぱいに付いた卵を舐めさせてやれ」

 途端に少女は身をよじった。
「やだ、やだ、絶対いや! そんなのできる訳ないじゃない!」
 ものすごい力で逃げようとする体を、しかし男はがっしりと押さえ込む。

 少女は尚も首を振りながらうわ言のように呻き続ける。
「動物に舐められるのなんていやぁ。病気になっちゃう……」

「大丈夫だ。別に体液が混じる訳じゃない。後でちゃんと洗い落としてやるからよ」

 珍しくなだめるように男は言い、しかし言葉とは裏腹に、半裸の乙女を巨大な獣へと押していった。
 横で同じく上半身剥き出しの春菜が、口元に手を当てて凍りついている。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ