取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第8章 獣たちに身を委ねて
 しかし男にとってはどちらも劣情を誘う体のようだった。
 二人の正面で代わる代わる四つの乳房に粘っこい視線を注ぎながら、両手を伸ばして二人の胸を同時に揉む。

 乙女たちは顔を歪めながらその屈辱に耐えた。
 うつむいているので、男の掌で自分たちの乳房がぐにぐにと変形する様子が分かる。
 強制的に刺激されていても、どこかしら甘い官能がむずむずと頭をもたげてきた。

 そうやってちょっかいを出した後、男はにやりと笑った。
「さて、これからが本番だ」

 そう言うと、ポケットから持ってきた卵を一つ掴み出した。
 絵里に視線を合わせ、「一歩前に出ろ」と命じる。

 おずおずと従った娘の顔を眺め、男はそれから視線を下へ移した。
 怯えたような乳房が小さく震えている。
 何をする気だろう、と絵里は思った。

「手を後ろに回して、少し胸を反らせろ」

 従った。
 豊かとは言えない胸を、揉んでくださいと言わんばかりに男に突き出すのが恥ずかしく、絵里は頬を真っ赤に染めた。
 斜め後ろで春菜が心配そうに見ている。

 次に男がとった行動は意表をついていた。
 手の中にある卵を手近な柵に叩き付けて割ると、流れ出す中身を自分の片方の掌で受けたのだ。
 すぐに殻を捨て、両手でどろりとした卵をすくう。

 と、彼はそれを、目の前にある絵里の胸に押し付けたのだ。

「!」

 突然のことに、絵里は悲鳴を呑み込んだ。
 やがて大きな男の手が、ぬるぬるとした卵の感触とともに自分の敏感な丸みの上を這い回るに到って、やっと声を上げた。
「いやあああああーっ!」

 男は構わずどろどろの生卵を絵里の乳房に塗り込める。
 なめらかな十九歳の乳房の上で潰された卵黄と卵白が混じりあい、黄色のまだら模様を作っている。
 ときおり透明な卵白が涎のようにぼとりと落下した。
 男はいっさい意に掛けない様子で、目を血走らせて手を動かし続けている。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ