取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第2章 理亜
(3)

 男の手が乱暴に彼女の肌をつまんだ。
「ちゃんと言えって言ったろう? ほら」
「ああ! そこは……分かりました。私は太郎様の指で、お××こをぐちゃぐちゃにかき回され、服の上からおっぱいを好きにされてます……」
「気持ちいいって言えよ。どこをどうされているか、詳しく言え」
「はい。あの、理亜のお××この中に入ってる太郎様の指が、入り口の裏側をごりごりってこすってくれたり、指先が子宮に当たるまで突いてくれるので、とても気持ちいいです……胸も、敏感になってるおっぱいを、いやらしくもんでくれるので、すごく感じます……」

 少女の従順な報告に、太郎という男は満足そうに頷いた。
「よし、じゃあ次は、どうしてほしいか、いやらしくおねだりしてみろ……」


「おねだりって……どうすればいいんですか?」

「そうだな」
 太郎という男は不意に、理亜の中心部から指を引き抜いた。

「あん!」

 とろけるようにたぎっていたそこから、いきなりいたぶりの元凶を抜かれ、少女は呻いた。
 秘部がジンジンと痺れている。
 ほっとしたような、もっとかき回してほしいような、複雑な思いだ。

「おねだりっていうのはな……まず、もっと腰を後ろに突き出せ」
「もっと、ですか……?」

 これ以上突き出したら、飢えた雌が雄に向かって交尾を強いているように見える。

 いや、まさしく理亜は一匹の雌と化していた。
 昨日までは花も恥らうほど可憐であった18歳の少女が、いまでは男の指に好き放題嬲られ、恥ずかしい部分から欲望の滴を、糸を引くほど垂らしているのだ。

 背後から太郎の声が聞こえた。
「突き出したら、履いてるジャージをずりおろして、尻をむき出しにするんだ。もちろんびちょびちょのショーツも一緒にずらすんだぞ」
「そんな……そんな恥ずかしいこと、できません」

 背後の声が意地悪く嘲笑した。
「いいんだぜ、やらなくても。その代わり集落の体育館で待ってるお前の仲間がどうなるか、分かってるんだろうな?」

 そうだ。
 仲間が人質に取られている限り、この男に反抗することはできない。

理亜は長い睫をしばたかせ、観念したように目を閉じた。
「こ、こうですか……?」
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ