取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第5章 瞳&多佳子
「うう……」と、少女がうめく。

 魂がはちきれんばかりに官能に支配され、既に恥じらいを捨て去っている多佳子は、服をずり下げる時間さえもったいないように、紺のジャージと純白のショーツをひと息に膝まで下げると、露になったその部分がよく見えるよう、軽く腰を突き出した。

「ここです。多佳子のいちばん敏感なところは、いやらしく濡れたオ×××です」

 柔らかな若草を思わせる茂みの下に、とろとろに濡れた秘部が涎を垂らしている。
 肉襞は奥底から分泌された、少女自身の官能の証に濡れそぼって、べろりとしている。
 男ならすぐにでもそこを押し広げたくなるものだが、敏明は自分で手を下すより、あくまで服従させる悦びを選ぶようだ。

「そこがどうなっているか、ちゃんと報告しながら、自分でそこを広げろ」
「はい……」

 18歳の少女はおずおずと股間に手を伸ばし、自分で剥き出しにしたそこに掌をあてがうと、さすがに恥ずかしそうに花弁を広げた。
 ぱっくりと割れた縦の唇の内側はサーモンピンクで、たとえ男性を受け入れた経験があるにしろ、まだ穢れていないようだった。
 まるで別の生き物のようなそこがひくひくとうごめき、敏明を誘う。

「わ、私のオ×××は、としあ──まー君にいっぱい感じさせられて、こんなにぐちょぐちょになってしまいました。私、まだ、すごくエッチな気分なので、まだ奥からとろとろ流れてきそうです……」

「それならもっと自分で搾り出してみろよ。面白い見世物だ」
「はい……」

 といっても、排泄と違って愛液の分泌を自分でコントロールするのは難しい。
 多佳子はとりあえず、トイレでそうするようにいきんだ。
 とたんに排尿感に襲われ、慌てて力を抜いた。どうしたらいいのか分からない。

「ごめんなさい、できません……」
 男が烈火のごとく怒るのを予想して彼女は頭を垂れたが、以外にも敏明は穏やかに言った。

「それじゃしょうがねえ。そんなことよりよ、もっと楽しませてくれるんだろ?」

 そう言いながら彼は椅子から立ち上がった。
 近くに敷いてある体育館マットに腰を下ろすと、先人たちのように足を投げ出し、少女に正面から来るよう命じる。
42
最初 前へ 39404142434445 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ