取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第5章 瞳&多佳子
 紺のジャージを履き、上半身は裸という格好の18歳の少女が、腰を振りながら自分の乳房をザラついた男の顔になすりつけている様子は、非現実的なほど淫靡だった。

 彼女が体の奥から沸きあがる情欲に支配されてそうしていることは、半開きになった赤い唇の端から滴が垂れかかっているのを見ても明らかだった。
 痒みがあるときはそれを掻かなければ収まらないように、火がついてしまった官能を押さえ込むことはできない。

 十分に量感のある乳房を、命じられてというより雌犬が本能でそうするように男に吸わせ、噛ませ、嬲らせ続けた多佳子は、もはや恥じらいもなく卑猥に腰を振り続けていた。

 その様子は誰が見ても、早くこの火照りを沈めて、と訴えているように見えた。

 さんざん少女の乳房を味わい尽くして、口の周りをべっとりと濡らした敏明が、再び意地悪く多佳子を見上げる。

「へへ。感じてるおまえを見てるのもいいもんだぜ」
「本当? うれしい。すごくいいの。おっぱい吸われて、多佳子すごく気持ちいいの。ああ」

 下から乳房を持ち上げ、頬を真っ赤に火照らせて彼に媚びるその顔は、たしかに男なら好色な笑いを浮かべたくなるほど、嗜虐感をそそるものだった。

 敏明はさらに続ける。
「どうせならよ、おっぱいもいいけど、もっと敏感なところで感じてるおまえも見てみてえな」
 少女が自ら突き出している乳房の先端を指で弾きながらそう言う。

 半開きの口からわずかに赤い舌をのぞかせ、「あん……」と甘く啼きつつも、多佳子は健気に彼を見つめた。
「ここよりも、あん……ここより敏感なところって、あの、やっぱり……」

「そうだよ」
 乳首を弾いて遊んでいた指を、彼女の顔へと彼は移動させた。
 うなじからすっと耳へと指先でくすぐると、少女はぞくぞくと身を震わせる。
「分かってんだろ? 自分でちゃんと言ってみろよ」

 少女はほんの一瞬だけためらい、すぐに赤く小さな唇を開いた。
「おっぱいよりも敏感なのは、私のオ×××です……」
「よおし。じゃあそこを晒してみな」敏明は平然と言ってのけた。
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ