取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第5章 瞳&多佳子
 同性の上と下から溢れた体液をすくい取った指を、少女は自虐的な悦びとともに嘗め回した。
 かすかに感じる塩味は、可憐な少女のものだろうか、それとも男の指の汚れだろうか。

 意地悪く指が引き抜かれた。
 自分の唇の先数ミリのところで、こちらの忠誠心を試すように止まっている。

 魂を売り渡したように、瞳と同い年の18歳である多佳子は、その指先に舌を伸ばし、ソフトクリームを味わうように、男の指をちろちろと舐めた。

 少女の口を蹂躙していたときとはまた違った、くすぐったいような快感が敏明の手に伝わった。

 奴隷のように少女に奉仕させると、彼は普通に食器を持ってきて、やさしく食物をスプーンですくった。

「待たせたな。ほら、いっぱい食べな」
「あ、ありがとうございます……」

 男の優しさを意外に思いつつも、多佳子は素直に運ばれた食べ物を口に含んだ。
 狭い机の上で犬のように膝と掌をつき、口だけを開いてスプーンが届くのを待つ。
 四つんばいといえなくもない格好だったが、別に不快ではなかった。

 ひょっとしたら瞳ちゃんのように淫らなことはさせられないのかもしれない──。
 多佳子はそんな思いを抱き始めていた。

 一口食べてもぐもぐと口を動かしている彼女に、敏明は世間話をするように訊く。

「そういえばおまえ、付き合っている男とかいるの?」

 不意を突かれたが、特に隠すことでもないので正直に答えた。

「いえ、いません……」

 またスプーンが運ばれ、少女はさらに食べ物を頬張る。
 彼が重ねて訊いた。
「昔男と付き合ったことは?」

 嫌だな、と思い、多佳子は黙りこくった。 そんなプライベートなことを、男たちや仲間の皆が見ているこの場で話したくはない。

 不機嫌そうに黙っている彼女に、敏明は空のスプーンをぷらぷらと振って見せ付けた。

「ほら、ちゃんと答えないと、もう飯をやんないぞ」
 ああ、いま自分の生殺与奪はこの男が握っているのだ。
 仕方なく、多佳子はしぶしぶ答えた。
「男の人と付き合ったこと、ありません」
「へえ」

 馬鹿にしたように言われ、少し腹が立ったが、彼女は黙々と運ばれたものを食べた。

「好きな男くらいはいただろう?」
「片思いくらいなら…」
「なんて名前だ?」

 そこまで答えなければいけないのだろうか。
34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ