取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第5章 瞳&多佳子
 彼は少女を絶頂に導いた自分の指をかざしてみた。
 水を浴びせたように手の甲までぐっしょりと濡れそぼち、人差し指と中指の先は長風呂の後のようにふやけている。

 彼は最後の命令を下した。
「さ、これがおまえを気持ちよくしてくれたんだぞ」

 瞳はぼんやりとした目で男の指を見上げた。

「はい……ありがとうございました……」
「これがどこを刺激してくれたんだ?」

 少女は従順に答えた。
「はい……瞳のク×××スです……」

「いじられ過ぎて膨れたんじゃねえか? 見せてみろ」
「はい……」

 18歳の少女はためらうことなく、自分の愛液で股間をぐっしょり濡らしたジャージを下げる。
 清楚な白のショーツも、絞れば水が落ちるほどびしょびしょだ。
 クロッチの部分はわずかに黄ばんでいた。
 
 それも膝までずり下げると、彼女は子犬が餌をねだるように敏明を見上げた。
 わずかに足を開き、べっとりと陰毛が貼り付いている股間を晒す。

「あの、私のここは、敏明様の指でいじられ過ぎて、いっぱい感じてしまいました」
「よく見えねえな。自分で広げてみろ」
「はい……」

 瞳は机の幅いっぱいに脚を広げると、膝立ちのまま股間を前へ突き出す体勢をとると、自分の指でぐしょぐしょになっている秘肉を広げて見せた。
 大量の分泌物を吐き出したその奥は、真っ赤に充血している。

「ああ、瞳のここは、いっぱい嬲られて、こんなに感じやすくなってしまいました」
「その尖がってるものを、もっと良く見せてみろよ」
「はい、もっと見てください……」

 そう言うと少女はク×××スの包皮を自分で剥くと、ピンク色にぬらぬらと光る敏感な部分を男に見せ付けた。

 敏明が意地悪くそれに顔を近づけ、ふっと息を吹きかける。

「ああっ!」

 再び刺激を受け、瞳が叫んだ。

 彼が意地悪く瞳の目を覗き込む。

「また欲しがってるんじゃねえか? ああ」
「ああ、そんな、いやらしい……」

 否定したが、再び体の奥の官能に火がついてしまったことは確実だ。

 彼女は再び小動物の目で哀願する。
「あの、また触ってください。瞳のいやらしくぷっくり膨れたク×××スを、またいっぱいいじめてください」
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ