取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第1章 プロローグ
 ● ● ●

 肛門を軽く押していた男の指は、やがて下にずれ、敏感な秘肉を嬲り始めた。器用に布地でクレバスの筋を作られ、理亜は恥ずかしさで真っ赤になった。

「この陥没した崖に、簡単な橋でも掛けてお迎えに行きたいんですが」
 職員は理亜の羞恥など気づかず、のんびりと言う。
「さっき言ったようになかなか手が回りませんで。4、5日から一週間掛かるかもしれませんが、その間大丈夫ですか?」

「ご心配なく」
 男が答える。
「集まっている小学校には被災用の食料も十分ありますし、水も電気も通ってます。私たちより、他の地区の被災者の救助を優先してあげてください」

 優等生の答えに職員が満足そうに頷き、理亜の
ほうを向いた。

「そちらのお嬢さん、皆さんは紫陽花女子短期大学のボランティア部の方々ですね。いま閉鎖されている状態ですが、辛くはないですか?」

 ここで大声で助けを求めることができれば。
 しかし人質になっている10名の仲間のことを考えると、とてもできなかった。

 すっ、と背後からショーツの中に男の手が滑り込んだ。
 牽制しているのだ。

 悲鳴を上げたいのをこらえ、笑顔で答える。
「大丈夫です。いま言ったように生活には不安はありませんし」

「男の人たちは皆紳士だし」
 背後で低く男が囁く。

 ため息をつき、復唱した。
「男の人たちは皆さん、紳士ですから」

 その間、背後の男の指は、ずっと彼女の菊穴を広げていた。

 指の一本がおずおずと入り込んでくる。
 異様な、しかしどこか甘い感覚に、彼女は目を閉じ、唇を噛んだ。

「そうですか、ではすみませんがよろしく。なにかあったら昨日の様に、役場に無線機で連絡を入れてください」

 その無線機。男たちに占領されている無線機さえあれば。
 携帯がつながらず電話線が切れている集落が本当はどんな状態か、伝えることが出来るのに。

 職員たちが再び車に乗り込み、去っていくまで、理亜と男は手を振り続けた。

 男のもうひとつの手は菊穴を嬲るのに飽きて、ショーツの中で理亜の秘部を弄んでいる。
 さんざん嬲られたそこが、糸を引くほど濡れそぼっているのが火が出るほど恥ずかしかった。

 公用車がUターンして行ってしまうと、それが合図のように、男の指がずぼりとめり込んできた。

「ああ……」


(続く)
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ