取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第4章 彩
(1)

 右足全体を柔らかい女体に包まれたまま、孝司はボランティアサークル部長の彩に顎をしゃくった。
 二人の距離はちょうど由美の体ひとつ分離れている。

「よし、じゃあ最初は軽く行こうか。自分で胸を揉め」

 彩は自分の耳を疑った。

「ここで……立ったまま、自分でそんなことをするんですか?」
「そうだよ」

 不適に笑いながら、孝司が足の親指を軽く動かす。
 彼の股の付け根辺りを嘗め回していた由美が、くぐもった甘い声をもらした。

 彩は不安な顔で突っ立ったままだ。
 薄いトレーナーに包まれた胸を抱きしめ、周りを見渡す。

 5人の男達と10人の少女達の視線が、痛いほど突き刺さるのが分かった。
 いや、一人だけ放心状態で空ろな目をしている部員がいる。
 服のあちこちに白濁の液を付けた理亜だ。

 自分が従わないと、皆が理亜のようになってしまうかもしれない。

 彩は唇を噛んだ。

とにかくいまは、部員全員の安全確保のために、少しでも交渉する余地を残しておかなければ。
 そのためには男の命令に従うしかなかった。

「分かりました……」

 言うと、20歳になったばかりの少女は、ゆっくりと両の手を乳房の下に持っていく。
 大きくも小さくもないふたつの膨らみをすくうように持ち上げ、また緩める。

 ときどき一人で入浴しているとき戯れに乳房を愛撫したりするが、あのとき感じるかすかに疼くような感覚は、いまはない。
下卑た男達と仲間の少女達に見つめられながら、どうして快感をむさぼることが出来るだろう。

 彼女の様子を見つめていた孝司が舌を鳴らした。

「なんだなんだ、つまんねぇな。もっとこう、自分で感じるように揉んでみろよ」
「はい……」

 彩は素直に従ったが、やはり緊張しているせいか、性の悦びはわいてこない。

 それを見て取った孝司が声を荒げた。
「おい! 自分でちゃんとできねえんならよ、そこにいる俺の仲間に手伝ってもらうか? なんなら五人全員でやってやってもいいんだぜ」

「いや! やめてください。ちゃんとしますから……」

 声が震えるのを情けないながら、彩は形の良い胸を揉み続けた。
 恥ずかしくて乳首に指を伸ばせないが、次第にもやもやとした感じが体の奥底から湧き上がってきた。
 軽く吐息が漏れ、そんな自分に驚いた。
 頬がだんだん熱くなってくる。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ