取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第3章 由美
(5)

「そのまえに、ほれ」

 と、男は、自分の怒張に若い雌の秘部をこすり付けている由美の顎を取り、上を向かせた。
「こすりつけてくれるのはうれしいがな、そこにいるとおまえんとこの部長さんの姿が見えねえんだ。ちょっと身体をずらしてくれるか」

 由美は「ああ……」と涎を垂らしながら、名残惜しそうに男の腰から離れる。
 彼女が跨っていた孝司のブリーフは、彼女と彼の愛液でぐっしょりと濡れそぼち、屹立する怒張の形がはっきりと見えた。思わず処女の彩は目をそらす。

「ほれほれ」

 促され、由美は身体をひねった。
 男が投げ出している剥き出しの脚。
 その先で足の親指が、合図をするようにぴくぴくと動いていた。

 もはや全くの雌犬の顔になった由美は、脛毛の生える孝司の脚に飛びつき、ショーツをはいたままの自分の秘部に、その親指をめり込ませた。

「あっ、いい……」

 18歳の少女の濡れたショーツに、むくつけき男の汚い親指がめり込んでいく。
 ぱっくりと割れたクレバスまではっきり分かるそこに、毛の生えた親指は容易にめり込んでいった。

「ああ、足の指、気持ちいい」
「そうか、そんなときはなんて言うんだ?」
 勝ち誇ったように孝司が促す。

「ああ、私は孝司様の親指を、パンティの上からお××こに入れようとしてよがっている、はしたない雌犬です……」

 そういうと由美は興奮した様子で、胸まであらわにした身体を彼の足全体に多いかぶせ、豊かな乳房を腿にこすりつけ始めた。


 同時に、足の付け根をなめ始める。
 さらに足指を自分のショーツにめり込ませたまま、快感をむさぼるように、淫らに腰を降り始めた。 


(この章終わり。第4章「彩」へ続く)
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ