取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第3章 由美
(3)

「そうか、あんた短大ボランティアサークルの部長とか言ってたな……」
 男はそういうと、ひるむ様子もなく言い返した。
「奴隷のようもなにも、この由美っていう娘は、自分から俺の腰にまたがって腰を降ってるんだぜ。なぁ?」

 そういうと孝司は、正面にある由美の髪をつかみ、顔を上げさせた。
 愉悦で蕩けそうな少女の唇からは、一筋の涎が垂れていた。

「なあ由美ちゃんよ。自分でやりたくてやってるんだよな?」

「はい、そうです。由美は気持ちよくて孝司さんの上にまたがっています……」

「そうだよな。例えば、いま俺が、胸を見せてみろって言っても、自分が見せたいから見せるんだよな?」

「はい、そうです。ああ、由美のおっぱい見て……」

 そういうと少女は、形の良い乳房を惜しげもなく露にした。

 胸を露にした由美は、前にも増して腰の動きを早める。

「キスをするんだ」
「はい……」

 ぽったりとした唇を、ざらついた男の唇に重ね、あまつさえ自ら舌を絡ませていく。
まさに快感をむさぼる性奴の姿だった。

 孝司と正面から対峙しているボランティア部の部長の彩は、そんな部員の変貌ぶりに眉をしかめていた。

 6名の男達に、倍の数の女の子達が自由を奪われている。
 そんな状況のなか、この娘は男達のリーダーに自ら身体を捧げ、歓心を買うことで、食料や有利な立場をモノにしようとしているのだ。

 怒りで震える思いがした。
 しかしいまは由美を怒っても仕方ない。
 対決すべきは男達、とくにリーダーのこの孝司という男だ。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ