取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 そのとき、濡れた下着が後ろから引っ張られた。
 ジョギ、という音に続いて、パチンとハサミが鳴る。
 腰の片方だけが涼しくなった。

 ショーツを切られたのだ。

 女として最も恥ずかしい部分を裸に剥かれる! 
 そう直感しながらも、彼女はどこかほっとしていた。

 濡れて気持ち悪い布が取り払われることもあったろう。
 しかしそれよりも、こうした果てしないいたぶりがようやく終焉を迎えることへの安堵感が大きい。
 たとえどんな結末でも、終わりがないより遥かにましだからだ。

 しかし、と少女は自問する。
 本当にそうだろうか。

(早く終わらせてもらいたいんじゃなくて、本当はとどめを刺してもらいたかったんじゃないの? 焦らされて、感じさせられて、最後に強烈なフィニッシュを迎えさせられることを、心の奥底では待ち望んでいたんじゃないの?)

 もし体と声が自由になるなら、十代の乙女は大きく首を振って、「そんなことない!」と自分の考えを否定しただろう。
 しかしいまの彼女は、それすらできない、診療所に転がる一体の肉人形だった。

(ああ、ひょっとしたら……私は本当に、虐げられて悦びを感じる女の子になってしまったのかも……)

 そう思っているとき、再びハサミがバチンと鳴った。
 恥辱の元凶だったショーツが取り払われ、股間が剥きだしにされるのが分かる。
 千里は思わず咽喉の奥から、ひゅうっという声を漏らした。

 背後で男が立ち上がる気配。
 そのまま壁に歩くようだ。
 いったい何をするつもりだろう?
118
最初 前へ 115116117118119120121 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ