取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 尿が放たれる音。
 かろうじて股間を覆っていたショーツの布が、みるみる濡れそぼっていく。
 あっという間に脚の間の床が水浸しになった。

 千里は全身を震わせながら、天に昇るような悦楽に浸っていた。
 尿意をこらえることも、恥ずかしさを我慢することも、もう考えなくていい。
 ただ本能のままに、排泄の解放感と排泄器官を嬲られる快感に身を委ねればいいんだ。

 じょろじょろと漏れていた液体は、やがてショーツを吐いた股間から落下する滝となった。
 ひっきりなしに床に注がれ、黄色の水たまりを広げていく。
 少女の脚がびちゃびちゃになった。

(やだぁ……こんな格好でおしっこを垂れ流しているのを見られるなんて……もう死んじゃいたい)

 止めようとしても、恥ずかしい小水は後から後からあふれてくる。
 千里は力の入らない上半身をべったりと床に着け、絶望に目を閉じた。
 床に広がる黄色い水たまりが、その頬まで達しようとしている。

 男は背後にしゃがみ込み、一部始終を眺めていた。

 可憐な少女が、犬のような格好で、決して人に見せてはいけない行為を晒している。
 しかも着ている清楚なナース服をボロボロに切り裂かれて。

 男は嗜虐感の絶頂にいた。
 これ以上の征服感はありえない。

 彼は手を伸ばすと、排泄物と、それ以外の体液で濡れたショーツの秘部に指で触れた。
 屈辱に打ち震える千里の体が、再びびくんと反応する。

「こんなに漏らしやがって」

 そう言いながら、ぐっしょりと濡れて微かに異臭を放つその部分の中心を、指でぐいぐいと押す。
 恥ずかしい谷間に指がめり込むたび、尻の向こうにある顔から「ん! んん!」という声が漏れてくる。

「感じてるんだろ? 抵抗できない状態で服を切り裂かれて、挙句の果てにこんな格好も見られて、嫌がってるふりをしながら感じてるんだろう?」
116
最初 前へ 113114115116117118119 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ