取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
(もうだめ……一生まともな恋愛もエッチもできない……こんな、こんなことをされて……)
 喋れないのに涙はどんどん溢れてくる。

 そして、怖れていたものが来た。
 指が菊門を撫でてきたのだ。

「んふー! んんっ!」と身をよじって逃げようとするが、男の指は容赦なく攻めてくる。
 指先がまるで数を確かめるようにカリカリと皺をなぞり、穢れなき乙女の秘部を暴くように大きく左右に広げる。
 入り口の内側まで露にされる屈辱に、少女は声にならない悲鳴を上げた。
 頭をつけている冷たい床に啼き声が反響していく。

 ずぶり、と指が侵入してきた。
 そこに外から異物が入ってきたのは初めてだった。

「んんーっ!」

 強烈な感触だった。
 そこがこんなにも敏感だったとは。

 ずぶずぶとめり込んでくる男の指を、その一箇所に集まった体中の神経が迎え入れている。
 膣では考えられなかった反応だ。

(なんなの、これは?)

 千里は自由の利かない頭部を左右に振った。
 死にたいくらい痛くて恥ずかしいのに、別の感覚が自分の中に芽生え始めている。

 痛い! 痛いけど気持ちいい!

 やがてめり込んだ指が、今度は引き抜かれ始めた。
 まるで内臓が引っ込抜かれるような感覚! 肛門の内側がめくれ、悲痛な快感が電流のように走った。

「あうーっ!」

 少女が獣のように吠えた瞬間、いままでこらえていたものが、堰を切って崩れ落ちた。
115
最初 前へ 112113114115116117118 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ