取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 少女は力を振り絞って首を捻り、自分を弄ぶ男に懇願した。
「うー! うー!」

「なんだ? もう限界か?」

 言いながらしゃがみ込んだ彼は、千里の顔ではなく、高く突き上げられた剥き出しのショーツに話しかけた。
「そろそろお漏らししそうってか?」

 まっ白な布に包まれた尻がぷるぷると揺れる。
 前で千里が頷いているのだ。

「堪え性がねえなぁ」
 言いながら男は、ハサミの先でクロッチの部分を突く。

 前のほうから「うー!」という少女の悲鳴が聞こえてきた。
 冷たい鉄が股間の縦筋をスーッとなぞると、今度は「んふーっ」と甘さを含んだ声が漏れた。

「抱えてトイレに連れてってやろうか? でも重いからなぁ」
「んーっ!」

 (いやっ、連れてって!)と言っているのか、それとも(そんなに重くありません!)という抗議なのか。

 いずれにせよ男には本気で少女を助ける医師はないようだ。

 というのも、彼は指を伸ばし、後ろに突きだされたショーツに手を掛けたのだ。

 ジョギ。
 布を切り裂く音。

 千里は、肛門の周囲が丸く切り裂かれるのに気付いた。
 下着に包まれていた菊門が外気に触れてスースーする。

(いやぁ……お尻の穴を見られてる……こんな格好で、ああ……)

 やがてハサミの音が止んだ。
 そこは完全に丸く切り抜かれてしまったらしい。

 少女は自由の利かない体で後ろに腰を高く突き上げたまま、そこだけ露になった肛門を男の目に晒していた。
 自分の意思に反してそこがひくひくとうごめくたび、視線の熱さに焼かれそうな気がする。
114
最初 前へ 111112113114115116117 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ