取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 いきなり服がピンと張った。
 後ろから白衣の裾を摘まれているのだと分かった。
 続いて布の避ける音。
 途端に尻の当たりがスースーしてきた。

 白衣を切り裂かれたんだ!

 見上げると、男がハサミを手にして、不敵な笑いを浮かべて見下ろしている。

「どうした? 早く行かないと漏らしちまうぞ」

 仕方なく千里は、男に構わず歩を進めた。

 ああ、この男は、四つんばいで歩く私の服を、徐々に切り裂いていくつもりなんだ。
 トイレに着くまでに、おそらくナース服はボロボロになり、肌が剥き出しになってしまうだろう。

 それでも逃げられない。
 少女にできることは、ただ一刻も早く婦人用トイレに辿り着き、強烈な尿意を解放することだけだった。

 床の冷たさを手のひらと膝頭に感じながら、ひたすら這った。
 その努力を嘲笑うかのように、男が手にするハサミが襲ってくる。

 ジョギ。
 裾に新たな切れ目が入り、布の一部が取り除かれた。
 もうショーツの尻が丸出しだ。

 ジョギ。
 今度は背中にハサミが入った。
 ブラジャーの線が剥き出しになる。

 ジョギ。
 下から侵入してきた手が、白衣の胸を丸く切り取る。
 ブラに包まれた乳房が露になった。

 そうやって少しずつ白衣を切り裂きながら、男は千里が這い歩くのを後方上から眺め続けている。
 婦人用トイレは確実に近づいているが、辿り着く前に千里のナース服は、ありとあらゆるところが切られてぼろぼろになってしまうだろう。

 いや、その前に、もう膀胱がもたない。
113
最初 前へ 110111112113114115116 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ