取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第3章 由美
(2)

「気持ちいいか、あん?」

 目の前でいたいけな娘が自分に奉仕する様を見ながら、男が勝ち誇ったように訊いた。

 少女は18歳とは思えぬほど妖艶な表情で頷いた。

「はい、とても気持ちいいです……孝司さまもいい気持ちですか?」

「ああ。そうだな、もっと裏筋のところに、おまえのク×××スをこすりつけろや」

「こうですか、ああ……」

 弾かれたように少女の動きが激しくなる。自分の快感も高まったのか、獣のように腰を降り始めた。

「おお、いいじゃねえか。飯が炊けたら真っ先に食わせてやろうな。他の娘たちより先に、性欲と食欲を満たしてやるよ」

「ああ、うれしい……」

 少女は後ろ手にマットに手を突き、そこがまるで別の生き物であるかのように、ぐしょぐしょに濡れたショーツの股間を、男のブリーフの盛り上がりにこすりつけ続けた。


 そのとき、一人の少女が立ち上がり、獣のように匂いを放ちながら絡む二人に歩み寄った。

「由美、やめなさい!」

 二人の周りにいた男達が、詰め寄った少女を取り囲む。

しかし腰に由美と呼ばれた少女を乗せている男は、まぁまぁと仲間達をなだめた。
どうやら孝司というこの男が、男達のリーダーらしい。

「どうしたんだ、お嬢ちゃん。この娘がよがってるのを見て、自分もされたくなったのか?」

 周りで嘲笑があがったが、詰め寄った気丈な娘は口を一文字に結び、きっ、と孝司を睨みつけている。

「いい加減にしてください。あなたたちの性欲は分かりましたから、もういい加減、私達を人として扱って。もとはといえば、同じボランティアの仲間じゃありませんか。女を奴隷のように扱うのはやめてほしいわ」
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ