取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 清楚なショーツは、いまや奥から垂れ流される淫靡な汁に濡れそぼっている。
 雌の匂いがむんむんと部屋中に漂った。

「見て! ショーツがぐちょぐちょになってるの。奥からどんどんエッチ汁が溢れて止まらないの。 どうか、どうか濡れたショーツをめくって、真っ赤に腫れ上がってる麻由のオ×××を見て! ここにぶっといチ××を突っ込んでえ!」

 そう言いながら、さらに陰核の当たりをぐりぐりとこする。
 刺激しながら、膝をがくがくさせ、それでも麻由は一歩ずつ前に進んだ。
 腰を曲げて苦しそうに舌を覗かせる口元からは、淫欲の証である透明な涎が、ツーッとひと筋垂れている。

 やがて少女は、頭をコンと何かにぶつけた。
 慌てて障害物を手で探る。

 妙に立体的な形をしている。
 触った感じはプラスチックだが、中はどうやら空洞のようだ。
 全体的に丸みを帯びて、表面にところどころ細かい細工がしてある。

「やだ、何これ……」
「さぁ、何だろうね」

 闇から声が響いた。
 麻由は慌ててそちらに向かおうとする。

 障害物なんてどうでもいい。
 早く彼にすがりついて、ズボンのチャックを下ろしたい。
 中から硬く熱いものを取りだして、それを、ああ……。

「おっと、待った」
 男の声。
 少女はびくりと足を止めた。

 声は続く。
「俺を捕まえる前に、そいつに慰めてもらったらどうだ? ちょうど人の形をしているし」
「そいつって……?」

 麻由は障害物を改めて撫で回した。
 そのうちに気がついて、ひっと手を引っ込めた。
107
最初 前へ 104105106107108109110 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ