取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第10章 第10章 切り裂かれた白衣
 下着に包まれた胸が覗くのが分かる。
 同時に麻由は、虐げられる喜びをはっきりと感じた。
 ああ、やっぱり私は変態なんだわ。

 男の手が力強く、ビリ、ビリ、と服を引裂く。
 その腕を撮ろうとした少女の手は、簡単に振りほどかれてしまった。

 襟元の第一ボタンはかけられたまま、首から腹にかけて少女は剥かれてしまった。
 清楚なナース服をはだけ、下着の胸を露にされた姿が官能をそそる。

 見えない相手にあちこちを剥かれながら、麻由は焦ってきた。
 股間のむず痒さがだんだん強くなっている。

 どうにかして。疼くの。
 大事な部分がジンジンして仕方ないの。

 そのとき闇から声がした。
「俺を掴まえたいか?」

「は、はい!」
「それなら、欲しいって言い続けながら俺を探せよ。チ××欲しいんですって繰り返しながら、淫売女みたいに男の体を求め続けろ」

 麻由はふらふらと彷徨った。
 夢遊病患者のような足取りだ。

「掴まえさせて……欲しいの……男の人のが、どんどん欲しくなってるの……」
 うわ言のように呟きながら歩く。

 その前後左右から、さっと男の手が伸び、少しずつ白衣にハサミを入れては去っていった。
 尻の部分は丸く切り取られ、ショーツが剥きだしになった。
 裾の前の部分には大きくスリットが入り、歩くたびに太ももの付け根までが覗ける。
 剥き出しのブラジャーの片方は紐を切られ、めくられて乳房の肌をかなり露にしていた。

 ジョキ、ジョキとハサミが入るたび、麻由は嬲られる悦楽に啼いた。

「チ××ほしいの! 麻由の、麻由のオ×××はもうどろどろになって、チ××を入れないと狂っちゃいそうなの!」

 そう叫ぶと、一八歳の少女はさんざん切り裂かれたぼろぼろのナース服を、自らたくし上げた。
106
最初 前へ 103104105106107108109 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ