PC売り場の誘殺3(思い出編)4
PC売り場の誘殺3(思い出編)4
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/21
最終更新日:2012/10/21 22:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)4 第8章 PC8・藤本 香を捕獲したい作戦・連行せよ
 「よっと!」香は目の前に向かってくるビーチボールの返し。左右のふくらみと谷間がプルンと揺れる。受ける信也、それを一杯堂々と見る事が出来る海に感謝、ビキニを考案した人間に大感謝。またボールを打ち返しながら見る。香のビキニ姿、とても魅力的。彼はもう、セクシーアイドルのビキニ姿でオナニーは出来ないと思われる。

 (……)

 ユッサユッサと、香の谷間が揺れる。色白ムッチリで美しい。相手は海でビキニ姿と割り切っているから、気にしないで振舞っている。幸せだ、彼は相手の胸を見ながらビーチバレーに興じる。決して勃起しないように努力しながら幸せを噛み締めながら。

 「店長さん、もう1回!」

 香が言いながら返した。その声、仕草、谷間、揺れ具合。彼の胸に突き刺さる天使の矢。そしてしばらくして、ノドが渇いたという理由で香がジュースを買いに行くと言い出した。信也と一緒に歩こうかと思、そう口にしようと目を向けたのだが……

 ちょっと離れた場所に裸でいるアメリカン巨乳に見蕩れていた。どうしても幸せそうな細い目で見てしまうのは男だから。男はそれを無邪気と言い、女はそれを愚かと捉える。

 「店長さん、いいですよ、別に私一人でも買いに行けますから」

 香の声。信也は慌てて顔を戻したが、もう歩き出している香のきれいな背中。追いかけたい、映画の1シーンみたいに追い求めたい。でも振り返った香が言う、ちょっと一人で歩きたいと。その台詞、女が男を拒否する時によく使われる。

 香が歩いていると、目の前から男が一人。自分の胸をチラチラ見ているが、気にせず通り過ぎると歩いていたら肩が当たった。その時、香の足元に何か小さな透明の袋が落ちる。白い粉が入っていた。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ