PC売り場の誘殺3(思い出編)4
PC売り場の誘殺3(思い出編)4
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/21
最終更新日:2012/10/21 22:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)4 第10章 PC10・悪は滅ぶ・思い出は美しく激しく・そして後腐れ無し
 「ブッシュ……助けて」秀樹が股間を抑えながら訴えた。

 「ヒデキ!」秀樹を助けようと走り寄ったブッシュ。

 しかしブッシュは日本人女性のおっぱいに目が行って動揺した。男の宿命だった。その結果、2人の男子の真上にオスプレイ。ド~ン! 地響きがなる。2人の男子を下敷きにして墜落したオスプレイは、そのまま激しく爆発を起こした。搭乗者、および下敷きの2名は死亡。黒コゲの死体になって搬送される。

 「す、すごい……今日はすごい事ばっかりだ」冴内保男はビデオを回す。オスプレイが墜落してきたその時から、2人を下敷きにして爆発する瞬間もバッチリ録画。大変に刺激的な思い出。

 この日の夜、全員で香の無事を祝うパーティーを開く。そして○△店の面々と冴内家の面々は親しくなった。一つラッキーだったのは、オスプレイが墜落して爆発する映像に、2人の男子が巻き込まれて死ぬ瞬間の姿が入っていた事。その映像をアングラに売ってみたら予想外の金が手に入ったのだ。それにより保男の借金は全部消えた。めでたく後腐れ無し。

 冴内保男は何者にも代えがたい思い出を手に入れたわけであるが、何者にも代えがたい記憶を手に入れたのが信也。 彼は香のビキニ姿はもちろんだが、それに他の女達が乳房を解放した映像を融合させて思い出す。それで彼はしばらく何回もオナニーした。今だってそう、柔らかい枕を抱きしめ「藤本さん……」と口にしながらオナニーしている。それは彼の大切な思い出。

14
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ