PC売り場の誘殺3(思い出編)4
PC売り場の誘殺3(思い出編)4
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/21
最終更新日:2012/10/21 22:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)4 第9章 PC9・香を救出するために・女の友情が花盛り
 「私だって爆乳では負けてないから、私だって魅力的だから!」

 Gカップの保子が左右のふくらみを解放した。激しく揺れたその左右のふくらみに、早川秀樹は勃起してしまう。香を奪うために動揺してはいけないのに、彼は勃起して疼いて切なそうだ。香は自分を助けるために他の面々が捨て身になってくれている事に胸を打たれ、どうにも出来ない信也はここぞばかり見入る。密かに得した気持ちも味わう。

 待ちなさい! 香が普通に見えてしまうほどの超大爆乳の陽子が、彼女が動揺している早川秀樹の前に立ちはだかり、そしてビキニからダイナマイトな乳房を出そうとし始めた。

 「ちょ……そんな凄い爆乳……」

 早川秀樹は複雑な気持ちになりながら勃起が強くなっていく。それを見ていた冴内保男、彼は娘だけでなく妻の爆乳も思い出としてカメラに収めていく。これは一生の思い出になると熱い気持ちでシャッターを押す。まるで若い日の情熱が戻ったかのように。

 知らずのうちに、秀樹は乳房を露出した女達にグルっと周囲を囲まれている。本来ならオナニーの光景だが、今の彼は野獣に追い詰められた子羊のようなモノ。勃起に困って震える子犬みたいなモノ。

 日本の女が一斉に魅力的な乳房を露出しているのだ。当然、周囲は大騒ぎ。独身の男はラッキーとばかりに見つめ、彼女がいる男は見たくても見れない事を悔やむ。この時ばかりは、隣に彼女がいなければ叫びたいご様子。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ