あたしの恋愛の1ページ
あたしの恋愛の1ページ
成人向アフィリエイトOK
発行者:小川螢
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2010/09/09 12:51

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あたしの恋愛の1ページ 第4章 お泊まり
久しぶりに隆司のマンションで隆司といっしょに夜の食事をした。


そういえば付き合って最初は、よくご飯を作りに来てたっけ。
あたし、最初のころよりかは冷めてるのかなぁ。


今日はシャワーだけ浴びて帰ろうかな。


『隆司、シャワー借りるよ?』
そういうと、あたしは隆司の返事も聞かずにお風呂に向かった。


シャワーを浴びていると、隆司が裸で入ってきた。


『ちょ、ちょっと!!』

あたしは、あわててドアを閉めようとしたけど、強引に入ってきた。


『久しぶりなんだからたまにはいいじゃん。』


そういうと隆司は、あたしの身体に触ってきた。


『ちょっと、今日はそのつもりはないのっ!』


手をどけようとしたけど、隆司はあたしの感じるとこを触ってきた。


『その気にさせてあげるよ、真由美。』


隆司はあたしの胸を後ろから、まさぐるように触ってきた。


あたしは胸は少し小さいけど形がいいってよく言われる。感度もいいらしい。


『うぅっ。』


『ん、真由美、乳首立ってきたんじゃない?』


隆司はイジワルそうに聞いてきた。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ