PC売り場の誘殺3(思い出編)3
PC売り場の誘殺3(思い出編)3
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/14
最終更新日:2012/10/14 23:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)3 第5章 PC5・セレブの荷物を強奪・香のIカップは平和をもたらす(平和の礎)
 と、その時だ。 キャ~! と、定番的に女性の叫び声。何かがあった合図。実によくある構図。

 面々が顔を向けたら、誰は荷物を持って走ってくるのだった。追われている逃亡者。その本人である武志、彼は逃亡するに辺り外に出る事が出来ず失敗してしまった。だからグルグル回って、チャンスが出来たら外に出るという体力の消耗戦をやっている。
 
 逃げなきゃ!

 そう思った冴内家の面々が横に退避。次に○△店の面々。店長の信也は、焦がれるグラマー女子、藤本 香の手を取り安全な場所に対比させて自分が守ろうとした。男を上げるチャンス。

 しかし藤本 香の腕を先に掴んだのは信也でなく明美だった。彼女は振り向いた香の両肩に手を置いて真顔で見つめつぶやく。藤本先輩なら平和に貢献できますよ! と。

 「ちょ……ちょっと明美」困惑する香の後ろに立った明美は平和に貢献しましょうと意気込む。
 
 さて逃亡で走っている武志、目の前に一人の女が困惑しながら立った。ショートヘアー、ムッチリでクッと魅力的な豊かな胸。思わず顔が赤くなって胸に見惚れるが立ち止まれない。そして方向転換で横に走れる道も無い。彼の目の前にグラマーな女子が一人。

 「ど……どけ……」武志は香の豊かな胸に見惚れているから声が弱弱しい。香は後ずさりしようとするのだが、後ろの明美がそれをさせない。そして両手手首を掴まれて驚く。そのまま左右の腕を左右に広げさせられていく。
8
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ