PC売り場の誘殺3(思い出編)3
PC売り場の誘殺3(思い出編)3
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/14
最終更新日:2012/10/14 23:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)3 第4章 PC4・対面・女はそれを許せない
 ○△店の面々は、やってきた冴内保男を見た。少し後方に女子が2人と女性が1人。家族で来たんだと見取って挨拶。ここは男同士で話をするのがいいだろうと思った保男、彼は店長の信也と話をしようと思った。ところがここで、気を使った久美が保男に話しかけたので、その声を聞いた保子が手を握る。
 あの女、電話してきたのはあの女!

 保子は隣にいる姉につぶやく。あの女がお父さんを誘惑した女だと勝手に言いたい放題。よって、あっさり同調した姉の保美が歩き出す。

 冴内保美、彼女から見て小幡久美はフォルムが自分に似ている。年齢も同じくらいのはず。しかも胸の大きさも自分と同じDカップだろうと思う。そんな女が父を誘惑したと思えば怒りも強い。

 「あなたね、人のお父さんを誘惑するのは」

 「急になんですか?」

 「あなた私と一緒で美人なんだから、若い男と恋愛しなさいよ」

 「言っている意味が分からないんですけど」


 久美と保美がギッとにらみ合うと、保男は慌てて娘に説明。○△店の人たちで一緒にハワイに行くんだと。けどその説明では何も肝心な事が分からないので娘が怒る。

 なんで赤の他人達と、こんなに大勢でハワイに行かねばならないのかと父に問う。そのやり取りを見ていて、明美が興奮しそうになったから香が制止して割り込んだ。

 「思い出作りのためですよ」と、横から割り込んだ香が冷静に述べたが、余計その場を荒立てた。

 「思い出? 赤の他人と作る思い出って一体何よ!」激怒した保美は、詳しい説明をしようとする香を遮る。香のその豊満で整って柔らかそうな胸のふくらみを見たら火に油。一番ムカつくタイプの女だと、冴内保美は激怒が止まらない。

 
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ