STIGMA Side-Koichi Vol.2
STIGMA Side-Koichi Vol.2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/10/16
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Koichi Vol.2 第8章 7
「ぼくのかわりなんて……」
 ぼくはからだをつっぱってやっと言った。
「なかなかいないね。でもつくる。お前よりよく言うことをきくみだらな子を。私はほしいと思ったものは必ず手に入れる。さよなら幸一」
 ぼくは玄関を押し出され、ドアが閉まった。ぼくは外に出されたのに、冷たいろうやに放り込まれた気分になった。

 結局ぼくは……ぼくはそれから四日、土曜日までしかもたなかった。学校のない日、誰もいない家で、ぼくは何をしていればいいっていうんだろう。ずっとつながっていたのは、おじさん一人。どんなにひどいことになるとしても、ぼくはおじさんについていくしかないと思った。人間じゃなくてもいい。どれいでも、ペットでも、かわりのいないぼくをみとめてくれさえすれば。
46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ