STIGMA Side-Koichi Vol.2
STIGMA Side-Koichi Vol.2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/10/16
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Koichi Vol.2 第8章 7
 次の約束があったわけじゃなかったから、あれから三日、ぼくはおじさんの家に行かなかった。
 「プレイ」じゃなくておじさんに叩かれたのははじめてだった。おくすりもはじめてだった。
 ぼくはおじさんが好きだし、おじさんとあそぶのも好きだ。どんなに普通の人が変に思うとしても、ぼくはおじさんのペットやどれいでよかった。
 でもぼくにもどうしてもたえられないことがあった。なぜたえられないのか、うまく説明できないけど、くすりみたいなので、体が変になるのはすごくこわい。いたいことの方が平気だった。
 でもおじさんは自分のやり方を絶対変えない人だ。ぼくは少しずつこわさを感じていた。おじさんに合わせて、おじさんの言うようにしていたらぼくは、本当に幸せでいられるんだろうか。いつの間にかつらいばかりになったり、取り返しがつかなくなったりしないだろうかって。

44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ