STIGMA Side-Koichi Vol.2
STIGMA Side-Koichi Vol.2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/10/16
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Koichi Vol.2 第5章 4
 夏休み、おじさんの家ではセックスばかりしていたわけじゃない。おじさんは週二回くらいを超えないようにセーブしていた。「くせ」になって、ぼくがダメになっちゃわないように。
 でもぼくは、だめかもしれないって思う時もあった。おじさんは宿題を教えてくれる時も、おじさんの家にいる限りぼくをすっぱだかにし、途中からは首輪や手かせ足かせをさせた。しっぽバイブやローターも入れた。
 正直、勉強に集中するのは大変だったけど、ぼくは家でやるよりよかった。おじさんの家に来るようになってから特に思うけど、家で一人で何をやっていても、何だか気分がしずむ。
 勉強なんてまん中で十分だった。目立つ必要なんてなかった。けどあまりにいい加減だと、おじさんがぼくをおしおきした。前のよりちょっといたい平たいムチで背中やおしりをたたいたり、一番つらいのはかん腸だった。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ