蛮勇割拠
蛮勇割拠

発行者:青島龍鳴
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/10/09
最終更新日:2012/10/23 20:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蛮勇割拠 第1章 魔剣士と二人の王
姫は薄絹を投げ捨てた。
胸と腰だけ覆った布には
無数の飛剣が差されていた。
鋼鷹を次々と投げた姫だが
それらは全て払われた。

姫君は目を疑った。
輪を中心に三本の刃が
三方に伸びた奇剣。
指に輪を徹し回転させれば
鋼鷹を容易く払う盾となった。
否や姫が驚いたのは
奇剣そのものではなかった。
剣が入っていた鞘だった。
男が左腰の輪に
指を徹して引き抜くと
腰から奇剣が抜かれたのだ。
男の身体は鞘だった。
身体中に徹された無数の輪には
全て剣が隠されていた。
言うまでもないことに
男も魔剣士だったのだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ