蛮勇割拠
蛮勇割拠

発行者:青島龍鳴
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/10/09
最終更新日:2012/10/23 20:48

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蛮勇割拠 第2章 獅子の兄と豚の弟
とはいえ、これは皮肉なこと
これはエイカクの文であり
牢屋の豚に送ったもの。
そもそも事の発端は
シャラハンの王の代わったのを
いまだに知らぬカエツ国に
王座に返り咲くための
軍を送らせようとした
愚帝の陰謀に違いないのだ。
もしもヨーコが帰ったなら
いくら卑屈な父だとて。
愚帝に媚びる用はない。

いや一番見たくなかったのは
ヨーコが眼を背けたかったのは
シャラハンの王の代わったことを
知った途端に掌を返し
バチョウセクに取り入る術を
試みるに違いないこと。


とはいえ彼女の事情など
男たちには考えるだけの
価値のあるものではなかった。
大事なのはあの愚帝が
豚の小さな脳を絞って
再び兄を葬ろうと
画策を練っていること。

「やっぱり殺っとくべきだった」
ガリンジャは吐き捨てた。
エマヌエルが再び剣に
手を伸ばすその時に
ヨーコが頬に平手打ち
美男子との斬り合いは
顔の腫れと引き換えに
すんでのところで回避された。


新王は優し過ぎる
バチョウセクの王としての
致命的な欠陥に
ヨーコ姫は気がついた。
文を読んだバチョウセクの
愕然とした表情が
泣き出しそうなエマヌエルが
彼らの心情を語っていた。

一度ならず二度までも
兄を殺そうと謀る弟。
見た目だけに止まらず
心根はそれ以上に
豚よりも卑しい愚弟。
地下牢に放り込んでも
命だけは長らえさせる
王の身に生まれながら
毒になる家族を捨てられない
バチョウセクの甘さとは
身を滅ぼす危ういもの。

しかしながら、だからこそ
不具の王は愛されるのだ。
赤毛の美男子は同情し
髭の学者も口は出さない。
ガリンジャもわかっているが
口に出さねば王が危ない。

複雑怪奇な人の心に
ヨーコは最悪の事態に備える
それ以上はできそうになかった。
15
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ