PC売り場の誘殺3(思い出編)2
PC売り場の誘殺3(思い出編)2
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/07
最終更新日:2012/10/07 23:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)2 第8章 PC8・困った・何かが抜ける人は自業自得?
 「ダメだ、やっぱり繋がらない!」冴内保男が焦る。彼は散歩と偽って夜のその辺りを歩きながら電話しているが、家の中では会話を聞かれては困るゆえ。

 彼が困る理由は次の通り。家族で一緒にハワイに行くのなら、○△店の面々と一緒に行動する必要は無いと思ったわけである。

 でも彼は昔から何かが抜ける男だった。それで49歳にもなれば修復不可能だろうか。彼は○△店の面々に自分の家と携帯の番号を教えたのに、向こう側の電話番号は聞いていない。昔からそう、何か一つしくじる。今、彼は○△店に直接電話して焦っている次第。

 「どうして誰も出ないんだ」と、自分が抜けているのに相手が悪いと逆ギレしたような声。それもまた昔から成長しない所か。

 明日は空港に現地集合。そこで○△店の面々にチケットを渡す予定だった。あの面々を無視するか?

 しかし面々はもう行く気である。家も携帯も双方の電話番号を知ってしまっている。その時は無視できても後で逆襲を食らいそうな気配。結果として面倒な話が家族にバレてしまう。彼はサラ金にまで借金したという汚点まで持っているから不安。

 家族と空港に行き、こっそり離れた時に○△店の面々にチケットを渡して後は勝手にやれと伝え、家族にバレないようにすればいいのではないかと考えた。すると急に安心感が出てきて気持ちが大きくなる。彼のような人は、気持ちの浮き沈みが激しい。

 「そうだよ、別に気にするような事は何もない話だよ。何を気にする必要があるんだ?」と、彼は意気揚々と家に帰っていく。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ