PC売り場の誘殺3(思い出編)2
PC売り場の誘殺3(思い出編)2
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/10/07
最終更新日:2012/10/07 23:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)2 第3章 PC3・明日はハワイだ・店長、中井信也の興奮
 中井信也、正直とっても胸が高鳴る。彼は閉店後の仕事を大急ぎで終わらせると、まずはコンビニによって自分ようの海水パンツを購入。いや、彼の場合は別に泳がなくても全然構わない。

 明美はオマケであるが、小幡久美だけでなくクッと胸が疼く本命のグラマーさん、藤本 香も来る、ビキニ姿になる。見るだけでいい。

 「いや、藤本さんのビキニ姿なんだ……大切な思い出なんだ」

 彼はブツブツ言いながら持参するデジカメで使うSDHCカードも一緒にカゴに入れた。最大高画質でビキニ姿の香を一杯思い出に収めたいから、容量1Tのカードを買う。10万円は致し方ない。さて、そのままレジに行く。彼はここの店の常連だから、この店の店員の多くと顔なじみ。今日はちょっとそれが困る。

 「あれ、今日はなんか嬉しそうな顔してるね、何があった?」と、この店の店長が話しかけてきた。どうやら冷静なつもりでも顔に出てしまうようだ。

 「いや、たまには俺だって幸せになっちゃうよ」と、信也は親指を立てて笑顔。どうしても嬉しくてこんなバカな事をしてしまう。でも構わない、香の事を思えばバカでもいい、本当に。

 明日はハワイ、藤本さんのビキニ姿と思ったら、彼はどうしても真っ直ぐ家に帰れない。そう、少しでいいから酒を飲んでほろ酔いになりたい。男が幸せな気分を手にするには何が必要か。それは「女」「金」そして時々少しの「酒」この3つに限る。酒だ、飲みすぎない程度に酒だ。彼は心の中でそうつぶやき、何となくお気に入りの居酒屋に足を向けていく。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ