PC売り場の誘殺3(思い出編)1
PC売り場の誘殺3(思い出編)1
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/30
最終更新日:2012/09/30 23:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)1 第4章 PC3・事の発端2・苦労はしたが家族4人で海
 「な、なぁ……今年の夏は家族で海に行かないか?」

 と、家族全員での晩御飯の時に父が思い切って提案。えぇ~面倒くさいなぁと、長女の保美24歳がボヤいた。それとなく美人な感じに見えなくもない見た目、胸のふくらみDカップというよろしいスタイル。母の遺伝子が父の遺伝子で薄まった?

 「でも、家族で海は行った事がないよね?」

 次女の保子が口を開いてオカズを中に放り込んでいく。彼女は母の若き日の再来だった。顔も声もそっくりで見分けがつかぬほどの20歳。母には及ばないがバスト95cmにしてブラはGカップ。身近にGカップ以上がいないので、彼女は自分のこの豊満さを密かに宝物と鼻にかけている。

 夫のいきなりの提案に怪訝な顔なのが妻の陽子。年齢によって垂れてしまうのは仕方のない話。それでもバスト118cmのKカップというサイズは健在。それが故、若い男でも今の彼女の胸をチラチラ見る事は普通にある。だから彼女が若い頃はどれほど大変だったか言うまでもない。若い日の彼女は、日本の男の目線を独り占め出来る存在だった。

 それはさておき、保男が娘達2人に提案を続けている。ここが重要な所、瑞々しさを持つ娘達にお願いしたい大事な部分だ。。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ