PC売り場の誘殺3(思い出編)1
PC売り場の誘殺3(思い出編)1
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/30
最終更新日:2012/09/30 23:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺3(思い出編)1 第2章 PC1・ただ今、クレーム真っ最中・SOS
 ふざけるな!

  男は叫ぶ。データーを移し込んだ直後に白紙にされたらバックアップもクソもあるかともっともな主張。彼にしてみれば、BDはこの店で買ったモノだから、この店が責任を負うべきである。だから彼は信也に食い下がる。納得できる返事がもらえるまで、例え熱中症になってもこの場は動かないとか力説。あげくの果てには、我が身が朽ち果てようと負けないとかまで言う。

 信也は無駄かもしれないと思いながら、パソコンの世界はトラルブが多いのですよと軽い無責任を浮かべて話をする。特に光ディスクなんていうのはあまり信頼出来ないと更に無責任な発言。

 「ほぉ~、だったらお前は詐欺師だ。信頼出来ないモノを売るんだからな。トラブルで金を儲けているお前は一体何様なんだ?」と、男性に突っ込まれると信也には言い返せなかった。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ