三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第2章 新マネージャー
H.Sの4人は事務所の一室に集められていた。



「社長に呼び出しくらうなんて久々だな。」



俊介は深くソファーに座り足を組んで片膝に肘をついている。



「ま、まさか俊介何かしでかしたんじゃ。」



チロリと要が俊介を見るとジロリと鋭い視線が返ってきた。



「あ゙?」



「じょ、冗談だよ。」



そうは言いながらもビクビクしている要を見て、俊介はフンと鼻をならすと視線をそらした。



実はそんな二人を見て笑っている。



マイペースな純也はすでに目を閉じて眠る体勢に入っていた。ピクリと純也の眉が動き目が開いた。



ガチャリと扉が開く音がする。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ