三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第1章 プロローグ
「だからここってば。」



クスクス、鈴を転がすような声がまたもや後ろから聞こえてくる。



振り向くが、誰もいない。



「ば、化け物?!」



男は胸ポケットからナイフを取り出す。



「化け物だと思うのに、ナイフ1つで勝てると思ってるの?」



嘲笑うかのような声だけが響く。



「う、うるさい!!」



「…うるさいのはあなた。全然美しくも可愛くもない。ブサイク。」



冷たい投げ捨てるような声に男はキレた。



「うるさい!!うるさい!!うるさい!!おまえら女はいつもそうだ!!ブサイクの何がいけないんだ!!」



暗闇にむかってナイフを振り回す。



トン、



「なっ。」



男は言葉を失う。いきなり現れた黒猫は、男の振り回している腕の上に乗っている。



「ああクロ。ゴメンなさいね。遊びすぎちゃったわ。怒らないでね。」



暗闇から現れた女の子。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ