三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第1章 プロローグ


「純也もおきてよー!!」



要は純也の元まで行き身体を揺する。



「純ちゃんはそんなんでおきないだろ。いつものことなんだから。」



ケタケタ笑っているのはベーシスト沢田 実(さわだ みのる)だ。



「うー。」



要が唸っていると楽屋の外から足音が聞こえた。



「来た、な。」



俊介が言ったと同時に扉は開く。



現れたのは予想通りの人物。彼らのマネージャー石井 睦月(いしい むつき)。



「おまえら次の仕事に行くぞ!!純也も起きねぇと今日の夕飯無しだからな!!」



「無理っ!!」



ガバッと勢いよく起き上がる純也。彼の趣味は『食って寝ること』だ。



基本物事に無頓着な純也だが、その分この2つにそそぐ執着心は凄まじい。



「さすが純ちゃん。ほら、あっくんも本ちゃんも行こう!!」



実は俊介と要の背中を押して楽屋を出た。



最後にマネージャーは楽屋をチェックすると四人を追いかけて楽屋を後にした。



2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ